県内の公立高校が、2015年度と16年度に妊娠や出産を把握した女子高校生は159人で、そのうち14%に当たる22人が自主退学していたことが分かった。 調査は17年、文部科学省が全国の公立高校に対し初めて実施した。