9秒でまるわかり!

  • 米海兵隊総司令官が公聴会で辺野古移設計画の遅れを認めた
  • 原因として「抗議活動や沖縄知事の支援不足」を挙げた
  • 日本政府は遅れを否定するが米軍幹部の間では共通認識に

 【平安名純代・米国特約記者】ネラー米海兵隊総司令官は2日、米上院歳出委員会小委員会の公聴会で証言し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画に遅れが生じていると認めた。遅れている主な原因として「抗議活動や沖縄県知事の支援不足」を挙げた。

ネラー米海兵隊総司令官(AP=共同)

 日本政府は、移設計画は2025年にずれ込むとのハリス太平洋軍司令官の証言を受け、遅れは生じていないと抗議したばかりだが、ネラー氏の証言は、辺野古移設の遅れが米軍幹部らの共通認識であることを示している。

 公聴会では、同委のシャッツ上院議員(ハワイ州選出)がネラー氏に対し、「代替施設の建設は少なくとも2年遅れている」「25年ごろというハリス太平洋軍司令官の証言は現実的だ」と評したうえで、同氏の見解を求めた。

 ネラー氏は辺野古移設の遅れを認めたうえで、「(在沖海兵隊の)グアム移転後の訓練能力を懸念している」と指摘。

 駐留部隊と各訓練場の間に距離ができるため訓練に支障が出る恐れがあるとし、「移動手段の検討が課題となっている」と述べた。

 普天間飛行場の移設計画をめぐっては、ハリス氏が2月23日の上院軍事委公聴会で、現行計画より「2年余り遅れている」「現時点では2025年になるとみている」と証言。これを受け、日本側は中谷元・防衛相が26日に「順調に進めば工事は5年で完了する」と工事に大幅な遅れは生じていないとの認識を強調するなど、火消しに追われていた。