2018年(平成30年) 5月24日

球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

首里ナインの手に「甲子園の土」なく 海に散った「事件」、全国で議論に

 1958年、沖縄勢として初めて甲子園に出場し、敦賀(福井)を相手に善戦した首里。物語はまだ終わらなかった。当時、米軍統治下にあった沖縄。ナインが大切に集めたグラウンドの土は、那覇の港に上がることなく、海の上から捨てられた。沖縄だけでなく、日本全土で大きく取り上げられる「事件」だった。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

球児たちの1世紀 夏の甲子園100回のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間