けがの療養のため、今季の大半を休養するホステスプロの諸見里しのぶは74の40位発進だった。 前半は調整不足で、「感覚を取り戻すのに時間がかかった」という。1番でボギーをたたくとその後もショットを曲げるなどスコアメークに苦しみ、前半だけで4ボギーだった。