スタートの1番から3連続ボギーとつまずいた新垣比菜(興南高)は「前半はあたふたしたけど、後半はリズムよくできた」と巻き返し、アマトップの1オーバーと踏ん張った。 出だしはショット、パット、アプローチとも安定感を欠いた。中でもパットは「距離感、方向も全てがおかしかった」と振り返る。