外国人観光客がモノレールを活用して沖縄旅行を楽しめるよう、沖縄県都市計画・モノレール課はこのほど、4カ国語でゆいレールのガイドブックを作成した。

ゆいレールの利用方法を案内するQRコード

 ウェブサイトとアプリも初めて開設し、携帯電話やスマートフォンを通じてモノレールの利用方法や駅周辺の観光情報を提供する。

 4年ぶりの発行となるガイドブック「モノなび沖縄」は、日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語で計13万4千部を用意。7日午後2時から那覇市の国際通りで配布を始め、各駅や那覇空港、県の海外事務所でも配布する。

 16年度は、モノレール車内で外国語の表記ができる液晶画面の導入を計画している。アプリは「モノなび沖縄AR」で検索、ウェブサイトはhttp://yui-rail.co.jp/navi/