「われわれの土地をわれわれに返せ」 そう叫び続け、米国から実際に土地と主権を取り戻した実例が一つある。ハワイにある独立自治国「プウホヌア・オ・ワイマナロ・ヴィレッジ(ネイション・オブ・ハワイ)」だ。 1993年、クリントン米大統領(当時)は米国がハワイ王国を侵略した事実を認める謝罪法に署名。