○…「4・28屈辱の日を忘れない県民集会」でマイクを握った比嘉京子県議(社民・社大・結、那覇市・南部離島区)。沖縄戦では本土決戦に向けた時間稼ぎで地上戦に巻き込まれ、サンフランシスコ講和条約では日本の独立と引き換えに沖縄を切り捨てたとの見解を示し、「二重三重の捨て石だった」と語気を強めた。