2008年のリーマン・ショック後の世界的不況で、多くの企業が有期契約労働者を雇い止めにした。無期転換ルールは、この問題を受けて、有期労働者の雇用を守り、合理的理由のない雇い止めの防止を目的に導入された。