沖縄県名護市辺野古の新基地建設をめぐる代執行訴訟で、安倍晋三首相が裁判所の和解案を受け入れる方針を固めたことを受け、県幹部は4日午後、「和解は成立した」と明言した。

 県側と国側の弁護士が同日午前、福岡高裁那覇支部で和解に向け、協議していたという。辺野古の工事は中断する見通し。安慶田光男副知事が同日午後2時半から臨時の記者会見を開き、県の考え方を説明する。