名護市辺野古の新基地建設で、沖縄県の埋め立て承認取り消しをめぐる代執行訴訟の和解が成立したことを受けて、沖縄県の安慶田光男副知事は4日午後、県庁で記者会見し、「埋め立て工事が停止することは非常に意義がある」と評価した。

安慶田光男副知事

 沖縄県が、承認取り消しの執行停止が違法として国を訴えた抗告訴訟の扱いについて、会見に同席した竹下勇夫弁護士は、和解条項通りに沖縄防衛局が審査請求を取り下げれば同訴訟の必要はなくなると説明。「審査請求の取り下げを確認した段階で、抗告訴訟も取り下げることになる」との認識を示した。