県土木建築部は2019年4月1日以降、同部が契約する工事について、1次下請け業者が社会保険未加入と確認された場合、元請け業者に対して指名停止などの罰則措置を導入する。技能労働者の処遇向上、建設産業の人材確保などが目的。