【東京】看護週間(6~12日)に合わせ、厚生労働省と日本看護協会が看護の現場での心温まる体験談を募集した第8回「忘れられない看護エピソード」の表彰式が6日、都内であり、審査員特別賞に当たる内館牧子賞に名護市の看護師、津波あけみさん(53)の「初めての看取(みと)り」が選ばれた。津波さんは「受賞を聞いた時はとにかく驚いた。患者さんとの特別な思い出なので、本当にうれしい」と喜びを語った。

内館牧子賞を受賞した津波あけみさん=6日、東京都渋谷区・JNAホール

 38歳で特別支援学校の教員から看護師に転身した津波さんは、精神科を担当していた時に身寄りのない末期がんの患者と出会った。看護を通して変わる患者の表情や言葉のやりとり、臨終の瞬間までの思い出を800字にまとめた。

 「患者さんたちから生きる姿勢などを学んで看護の糧になっており、感謝の気持ちが大きい。エピソードの募集を知り、数時間で書き上げた」と振り返る。「日々、新鮮な気持ちで看護に尽くしていきたい」と力を込めた。

 特別審査員を務めた脚本家の内館牧子さんは「臨終まで添い遂げる姿に“白衣の天使”を感じた。読んですぐに授賞を決めた」と語った。今回は全国から3439作品が応募された。(小笠原大介東京通信員)