女子プロゴルフの第29回ダイキンオーキッドレディストーナメント(主催・ダイキン工業、琉球放送)第2日は4日、琉球GC(6649ヤード、パー72)で行われ、初日73の28位で出たアマチュアの新垣比菜(興南高)が5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算1オーバーの145で首位と5打差の18位に浮上した。

9番、パーパットを決める興南高の新垣比菜=琉球GC(渡辺奈々撮影)

 大会初の2連覇を狙うテレサ・ルー(台湾)がスコアを二つ伸ばし、通算4アンダーで初日トップの松森彩夏、西山ゆかりとともに首位に立った。1打差の4位に申ジエ(韓国)、河野美桜、永峰咲希が続いた。

 上原美希は2オーバーの24位。大城さつきが3オーバーの32位で予選を通過。4オーバーまでの51人が決勝ラウンドに進んだ。

 山里愛は5オーバーの52位。諸見里しのぶ、比嘉真美子は7オーバーで71位、川満陽香理は8オーバーの80位で予選落ち。上原彩子、大城美南海、アマの佐渡山理莉(久志中)比嘉梨沙(宜野座高)金城沙希(名護高)新城莉李亜(屋部中)も予選落ちした。(出場108選手=アマ5、曇り、気温21・8度、東南東の風8・6メートル、観衆3200人)