名護市辺野古の新基地建設をめぐり、国と沖縄県が争っていた代執行訴訟で、県が前向きな姿勢を見せてきた和解案を、国が電撃的に受け入れると表明した。裁判での県側の主張に沿った形の和解で、県首脳は「事実上の勝訴」と宣言し、政府幹部は「不戦敗」と認めた。