【東京】政府と沖縄県が名護市辺野古の新基地建設をめぐる代執行訴訟で、福岡高裁那覇支部が示した工事中止を含む和解が成立したことを受けて、安倍晋三首相と翁長雄志知事が4日夕、首相官邸で会談した。和解条項に従って、円満解決に向けて協議し、最終的な司法の判断には従うことを確認した。会談には菅義偉官房長官が同席した。

辺野古訴訟の和解案受け入れ表明を受け、安倍晋三首相(右)と会談する翁長雄志知事=4日午後、首相官邸

 安倍首相は「和解できて本当によかった。誠意を持って沖縄県と協議を続け、円満解決に向けて話し合いを進めていきたい」と述べた。

 これに対し、翁長知事は「和解成立は大変意義があることだと思っている。今度の協議では私たちの思いをもう一度しっかり整理して伝えるので、(政府側の)皆さんの思いもしっかり聞きたい。本当の意味で協議ができればありがたい」と応じた。

 また、安倍首相は「普天間の危険性除去と返還、沖縄の基地負担軽減は国も沖縄県も同じ思い。この目標に向かって国と沖縄県がともに協力し、努力する。今回の和解はその大きな一歩だ」とした。

 会談後に取材に応じた翁長知事は「国もいろいろな思いがあって和解に応じたと思う。協議のなかで話し合い、一定の理解の中から結論が出ると思う」と熟議が必要との認識を示した。