中川雅治環境相は8日の記者会見で、世界自然遺産を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の登録延期が勧告されたことを受け、推薦の取り下げも選択肢として、関係省庁や地元自治体と今後の対応を協議する方針を明らかにした。理由として「現在の推薦内容で登録決定を得ることは極めて難しい」との認識を示した。

朝焼けのやんばるの山々=2017年11月6日、国頭村

 中川氏は「早期の登録を目指すことに変わりはない」と強調。6月24日からの国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で正式審査を受けるか、審査を受けずにいったん推薦を取り下げるか、勧告内容を分析し、地元自治体の意見も聞いて最終判断する考えを示した。

 ユネスコ諮問機関は今月、推薦書の抜本的な見直しを求め、登録延期を勧告した。登録の可否は、世界遺産委が6月24日から7月4日に中東のバーレーンで開く会合で審査される。