【沖縄】沖縄市が計画を進めているサーキット場「モータースポーツ多目的広場」の有力候補地として、市倉敷の市有地・旧倉浜ごみ処理場跡地(1万5千平方メートル)を選定したことが7日、分かった。市によると、県内自治体の中でモータースポーツ施設の建設は初。舗装された施設としては県内最大規模となる。