国内航空会社は7日、ゴールデンウイーク(4月27日〜5月6日)の沖縄路線の搭乗実績を公表した。全日本空輸(ANA)の旅客数は前年比4・1%増の24万3460人となった。日本航空(JAL)グループは3社合計で、0・3%減少したが前年並みの18万8713人となった。