【名護】地域のデイサービスは、お年寄りたちから戦争体験を聞く機会にあふれている。「テニアンの小学校で一つ上の先輩たちは、手りゅう弾を持たされ戦車に突っ込んでいた。全滅だった」。市田井等区の平良宗英さん(87)は、南洋戦について語ってくれた。