働く障がい者を支える就労継続支援A型事業所であったとされるパワハラ。退職を強要されたと訴え、労災申請した女性(44)は「仲間と努力を重ね、(事業所に)愛着を感じていた。辞めたいと思ったことはなかった。いらなくなったら簡単に捨てるのか」と悔しさをにじませた。