世界自然遺産の「登録延期」の勧告に西表島や国頭、大宜味、東のやんばる3村では落胆の声が上がる一方で、「正直、助かる」との声も聞かれる。急増が予想される観光客への受け入れ態勢が整っていなかったからだ。 勧告を受け、宮城功光大宜味村長は「観光客を受け入れる態勢が十分に整っていなかった」と漏らした。