【森田のりえ通信員】南カリフォルニア日系商工会議所(日商)はこのほど、ロサンゼルス郊外のアルハンブラ市で、2016年度会頭に選出された沖縄系3世、キティー山城さん(68)の就任式と新役員の宣誓式を行った。日商初の女性会頭である。

キティー山城さん

 キティーさんの故父ジョージ山城さんは、1963年5月から、沖縄が日本に復帰した72年まで、在沖縄の米国高等弁務官の副官で、米軍と沖縄、日本などの橋渡し役として活躍した。

 そのころ、キティーさんは米軍基地内のクバサキ高校を卒業。UCLAで学士号を取得し、ロサンゼルス教育区で教員や管理者として働きながら日系諸団体にボランティアとして参加。日商の理事や副会頭、南カリフォルニア婦人会の副会長などを務めた。母方の祖父中村権五郎さん(羽地出身)は日系最初の弁護士で日商の前身中央日本人会の3代目会頭だった。

 キティーさんは就任あいさつで「日商は南カリフォルニア地域で活動する企業と、日本から当地を訪れる企業の関係を促進する。日本文化の奨励、優秀な学生に奨学金を授与し、人材育成事業を行っている。皆さまのご理解と協力をお願いしたい」と訴えた。