女子ゴルフの国内開幕戦、第29回ダイキンオーキッドレディストーナメント(主催・ダイキン工業、琉球放送)最終日は6日、南城市の琉球GC(6649ヤード、パー72)で決勝ラウンドを行い、2位から出て通算8アンダーの280で回ったテレサ・ルー選手(台湾)が大会初の連覇を飾った。獲得賞金は2160万円。

優勝したテレサ・ルー選手(左)とベストアマの新垣比菜選手=琉球GC

 3打差の2位に笠りつ子選手が続き、通算4アンダーの3位に西山ゆかりと松森彩夏、申ジエ(韓国)の3選手が入った。県勢は4オーバーで19位の上原美希選手が最高。アマチュアの新垣比菜選手(興南高2年)は通算8オーバーの35位で、4年連続のベストアマ賞を獲得した。