「国が和解を受け入れることになりました」 4日正午すぎ、福岡高裁那覇支部で県側と国側の弁護士が協議し、和解条項を確認した。上京中の翁長雄志知事は電話で報告を受けると、その場で和解の合意を決断したという。