名護市辺野古の新基地建設をめぐる代執行訴訟で、国と県の和解が成立したことを受け、翁長雄志知事は8日の県議会本会議で和解条項の内容などを報告する。7日の県議会議会運営委員会(崎山嗣幸委員長)で、平敷昭人総務部長が説明し、了承された。県議からの質問も受ける。

 平敷部長によると、知事が「自ら県民や県議会に報告したい」との意向を示したという。