沖縄空手

U-21アジア空手 きょう11日から沖縄で開催

2018年5月11日 08:42

 空手道の第17回アジアジュニア&カデット、アンダー21選手権(主催・アジア空手連盟、共催・県)は11~13日、沖縄県立武道館で行われる。関係者らは10日、那覇市内のホテルで記者会見し、大会をPRした。

アジア大会に向け気合を入れる喜友名諒(左から3人目)や出場選手=ロワジールホテル那覇

 男女個人形と体重別組手で争われ、29カ国・地域から約390人が出場。日本はカデット(14~15歳)ジュニア(16~17歳)アンダー21(18~20歳)に33人が出場し頂点を目指す。カデットとジュニアの11選手は、10月にアルゼンチンであるユースオリンピック出場選手選考を兼ねる。

 世界空手連盟名誉会長で全日本空手道連盟の笹川堯会長は「各国の選手を心から歓迎したい」、翁長雄志知事(嘉手苅孝夫県文化観光スポーツ部長代読)は「沖縄空手の神髄に触れ、精神を地元に持ち帰って活躍することを期待する」とあいさつした。

 第2日の開会式で団体形の特別演武を披露する世界王者の喜友名諒は「持っている以上の力を発揮して良い勝負をしてほしい。沖縄の子どもたちは同世代の試合を見て、刺激を受けて成長してほしい」と激励した。

 チケットは大人千円、子ども500円。毎日新聞特設サイトで生放送される。

【全沖縄少年少女空手2018】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真約987枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム