【東京】名護市辺野古の新基地建設に伴い、沖縄高専などが米国基準の「高さ制限」に抵触するものの適用対象外とされている問題に関し、防衛省の西田安範整備計画局長は10日の衆院安全保障委員会で、自衛隊の飛行場の場合は自衛隊法の基準に抵触する物件について「極力除去に努めている」と明らかにした。