県黒砂糖工業会(那覇市、西村憲代表理事)が10日までにまとめた2017年・18年期の黒糖生産量(速報値)は、前期比5・9%減の9070トンとなり、2年連続で9千トンを超えた。同会の担当者は「作付面積を確保できたことで9千トンを超える豊作になった」と話す。