【東京】島尻安伊子沖縄担当相は8日午前の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設をめぐる代執行訴訟ので国と県の和解に関し、「裁判所の意向に従って問題の解決に向けて協議するのはいいことだ」と述べ、国と県との協議再開を歓迎した。

 また、協議では振興面もテーマになるかについては「従来申しあげている通り基地問題と振興はリンクしない。私としては沖縄振興や基地の跡地利用を県や市町村としっかり連携して取り組みたい。県からの要望内容をしっかりみていきたい」との認識を示した。

 県議選や参院選への影響については「選挙とは別問題だと思っている」と述べるにとどめた。