12日午前6時35分ごろ、沖縄県うるま市の県道で、県内の私立校のスクールバスとワゴン車が正面衝突した。県警によるとワゴン車の運転手1人が意識不明の重体。地元消防によると、30代男性の運転手1人が搬送先の病院で死亡した。地元消防によると、搬送されたのは運転手と中高生ら計18人。いずれの生徒も命に別条はない。

パトカー

 現場は片側2車線の直線道路で中央分離帯はない。県警が詳しい事故原因を調べている。