13日は母の日。沖縄県内のデパートや花店には12日、家族連れなど多くの買い物客が母親や妻に贈るプレゼントを選んでいた。

母の日を前にプレゼント用の花を選ぶ親子=12日、那覇市安里・フラワーショップトーバル(落合綾子撮影)

 那覇市安里の「フラワーショップトーバル」はカーネーションを加えたアレンジや花びらがせっけんでできている「ソープフラワー」が人気。義母に贈る花を買いに来た知念富江さん(48)=那覇市=は、ママ友達の知念樹理さん(42)=同市=と花選び。富江さんは青いカーネーション「ムーンダスト」入りの大きな花束を抱え、「花好きな母に『ありがとう』の感謝の気持ちを込めて贈りたい」と照れ笑いした。

 那覇市久茂地のデパートリウボウでは晴雨兼用傘が売れ筋。ハンカチやスカーフも好評だ。13日午後1時には花で飾ったディズプレイの前でプロカメラマンによる無料の撮影会もあり、先着50人。店舗企画部の仲宗根由美子さんは「親子で出掛けて楽しい時間を過ごしてください」とPRした。