サツキ(21)が風俗の仕事を始め、一緒に過ごせる時間が減ってから、一人息子のレン(3)はかんしゃくを起こしたり、「お菓子買って」とわがままを言ったり、「マーマー遊んで」と甘えたりすることが増えた。 サツキ自身、子ども時代は母親の愛情に飢えていた。