復帰46年を記念する「5・15平和行進」(主催・同実行委員会、沖縄平和運動センター)の最終日の13日、「平和とくらしを守る県民大会」が宜野湾海浜公園で開かれた。県内外から約3500人(主催者側発表)が参加した。大会では日米両政府によって強行される米軍基地の強化と拡大に反対し、日米地位協定の抜本的改正などを求める宣言を採択した。

登壇者のあいさつに聴き入る大会参加者=13日午後1時50分、宜野湾市・宜野湾海浜公園屋外劇場

 参加者たちは午前中、宜野湾市民会館前の広場を出発し、「普天間基地を返還せよ」「平和憲法を守ろう」とシュプレヒコールを上げながら、普天間飛行場周辺を経て、海浜公園までデモ行進した。大会主催者によると、3日間で計5400人が平和行進に参加した。