翁長雄志知事が8日の沖縄県議会で、国と県の合意した和解条項の及ぶ範囲を「埋め立て承認取り消しに伴う2訴訟」と明言した。和解に沿った新たな訴訟の確定判決で、仮に埋め立て承認取り消しが違法と判断されれば、国は工事を進めるために設計変更で知事の承認を得るなどの法的な手続きがいくつも想定される。