第109回春の全島闘牛大会(主催・県闘牛組合連合会、後援・沖縄タイムス社)が13日、うるま市石川多目的ドームで開かれた。沖縄県内各地の精鋭牛が激戦を展開し、闘牛ファン約3500人は全13試合に熱い視線を送った。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。