日本トランスオーシャン航空(那覇市、丸川潔社長)は14日、沖縄県出身歌手の安室奈美恵さんとタイアップした特別デザイン機「AMURO JET」の運航を始めた。機体後方の両側とドアサイドに安室さんの写真をあしらい、9月下旬まで国内9路線を飛ぶ。

お披露目された「AMURO JET」=14日、那覇空港

お披露目された「AMURO JET」=14日、那覇空港

「AMURO JET」の機内。座席のヘッドレストカバーには「Thanks Namie」と記されている。

機体前方入口の安室さんのサイン入り写真

「AMURO JET」をお披露目するJTA社員ら=14日、那覇空港

お披露目された「AMURO JET」=14日、那覇空港 お披露目された「AMURO JET」=14日、那覇空港 「AMURO JET」の機内。座席のヘッドレストカバーには「Thanks Namie」と記されている。 機体前方入口の安室さんのサイン入り写真 「AMURO JET」をお披露目するJTA社員ら=14日、那覇空港

 ことし9月16日に引退する安室さんにこれまでの感謝の気持ちを伝えようと、同社の若手社員が中心となって企画。安室さんに提案すると快諾したという。

 機内のヘッドレストカバーには「Thanks Namie」のデザインを施した。5月下旬から乗客にオリジナルポストカードを配布し、ビデオプログラムやオーディオプログラムでも順次、安室さん特集を放送する予定。

 14日にあったお披露目セレモニーで、丸川社長は「沖縄からファンの皆さんとともに安室さんに感謝をお伝えしたい。これからも沖縄の魅力や強さ、価値を発信することに力を尽くしていきたい」とあいさつした。

 「AMURO JET」は羽田―久米島・宮古・石垣、那覇―中部・関西・福岡・久米島・宮古・石垣の9路線で運航する。スケジュールは当日・翌日分を特設サイトで公表する。