琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行の2018年3月期決算が11日、出そろった。売上高に当たる連結の経常収益は3行とも伸び、琉銀は過去最高となった。一方で、本業のもうけを示す銀行単体のコア業務純益は沖銀が微増、琉銀と海銀は前期比マイナスとなり、合計で3・7%減の161億600万円。