名護市辺野古の新基地建設で、環境団体などが米国防総省に工事中止を求めた「沖縄ジュゴン訴訟」の原告側は11日、米サンフランシスコ連邦地裁に米国防総省の違法性を指摘する準備書面を提出したことを明らかにした。4月27日付。2003年の提訴後、初めての実質審理が行われる見込み。