名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では9日早朝から、新基地建設に反対する県内外の市民ら200人以上が集まった。工事車両の進入は正午現在、確認されていない。

大道芸を披露する沢入国際サーカス学校の卒業生=9日、名護市辺野古、米軍キャンプ・シュワブ第2ゲート前

 大道芸を披露しながら全国各地で反原発を訴える沢入国際サーカス学校(群馬県みどり市)の卒業生らが第2ゲート前で、パフォーマンスを披露。抗議行動を行う市民から大きな拍手をもらった。

 午前10時ごろから雷を伴う大雨に見舞われ、ゲート前の抗議行動は正午に終了した。

 一方、辺野古の海上では正午現在、沖縄防衛局の警戒船が数隻いるものの、作業に目立った動きはみられない。