今春入学に向けた県立高校一般入試が9、10の2日間の日程で始まった。合格を勝ち取ろうと、全日制・定時制合わせて1万2千人余りが挑む。

 初日の試験は、国語、理科、英語が行われる。2日目は社会、数学、面接。教科の解答は、それぞれ翌日の沖縄タイムスに掲載する。

 志願倍率は、全日制が0・99倍、定時制は0・54倍。

 特別支援学校高等部の入試も同日開かれた。学校ごとの独自試験に、270人余りが志願している。