沖縄銀行は山城正保常務を第10代頭取に昇格する人事を内定した。6月の株主総会、取締役会を経て就任する予定。観光客の増加などで、県内は好景気が続くが、日本銀行の金融緩和政策などで金融機関には逆風が吹く。ITと金融を融合した新たな技術「フィンテック」の発展も目覚ましく、経営環境は激しく変化している。