【名護】1964年の東京五輪を記念し名護小学校に建立され、このほど銅製に造り替えられた「のぞみの像」。事業に寄付した、同校出身で海邦病院グループ理事長の富名腰徹さん(66)は「あの当時、胸に抱いた希望を今の子どもたちにも分けてあげたい」と、2年後の20年東京五輪に思いを寄せる。