医療機関や行政の担当者、患者らでつくる県がん診療連携協議会は11日、琉球大学医学部で本年度の第1回会合を開き、4月にスタートした第3次県がん対策推進計画(〜2023年)に基づき、離島・へき地対策の強化など今後6年間の取り組みなどについて議論した。