【北京で与儀武秀】沖縄と中国の研究者や文芸関係者が、互いの歴史や社会認識について意見交換する「第3回琉球・沖縄学術問題国際シンポジウム」(主催・北京大学歴史学部ほか)が12、13の両日、中国・北京で開催される。11日には沖縄側の参加者約10人が北京入りした。