〈同じ少年なのだ、皆弱いんだ。〉古いB5判のノートにつづられた文字。1991年8月21日、沖縄水産高校が甲子園で2年連続準優勝を遂げた夏、故・栽弘義監督が、大阪桐蔭に逆転負けした決勝戦のベンチで書き記した言葉だ。