求人誌「ルーキー」を発行するラジカル沖縄は9日、2017年新規学卒者就職志望ランキングを公表した。県内流通最大手のサンエーが4年連続で1位、2位は沖縄銀行、3位には琉球銀行が入った。同社が7日に沖縄コンベンションセンターで開いた合同企業説明会で調査し、学生512人から回答を得た。

 4位の沖縄海邦銀行は新社屋完成のイメージ効果もあり、昨年13位から順位を上げた。5~9位は昨年10位内の企業がランクイン。沖縄ワタベウェディングは19位から10位に上がった。

 志望理由には「職場に活気があり、雰囲気がいい」や「仕事を通じてスキルアップできる」などが大半を占めた。

 ラジカル沖縄は「企業側は採用基準を低くせず、厳選採用のスタンスは変わらない」と分析。選考活動の解禁が2カ月前倒しの6月開始となり、短期集中の就職活動となることから早い段階から自己分析や業界研究に取り組み、「仕事選びの軸を明確にして動くことが大事」とした。