13日に宜野湾市の海浜公園野外劇場で開かれた「復帰46年 5・15平和とくらしを守る県民大会」には、国内外の平和団体代表や3人の国会議員らが登壇。新基地建設の阻止や憲法9条の擁護、過重な基地負担を強いられている現状に抗議の声を上げ、平和に向け「手を取り合おう」と連帯を呼び掛けた。