【松田良孝台湾通信員】石垣産和牛の「美崎牛」を販売する美崎牛本店(石垣市、美崎信二社長)が台湾への輸出を進め、和牛人気を追い風に市場開拓に乗り出している。輸出は2月からで、出荷量は月6〜10頭分。輸出量を限定しており、「高くても食べたい」という層を狙って、口コミで顧客を増やす戦略をとっている。