製糖工場がある県内市町村は、工場が稼働する12月〜翌4月の季節労働者確保などを目的に、宿泊施設の整備を進める。工場が稼働していない期間は人材育成のための研修所などに使われ、地域活性化に役立てる狙い。